「いかなる自然も芸術に劣らず。芸術の仕事は全て自然の物事を真似ることなり。」
私の人形振りは、この言葉にあります。

私の舞で、美しい動き(表現)は、自然にあります。
オートマタ、操り人形で「愛」を伝え、パントマイムで少し空間を和らげ、そして美しき表現で「自然」を感じさせる。
これが私の人形振りなのです。
「愛」は深いです、いろんなかたちの愛があるしね。
「自然」、自然の美しさを自分の動きで表現したいなんて…

「自然を表現」いつからかな2・3年前くらいからかな、そんなことを意識し始めたのは。
自然を表現をするなんてことは難しいことも承知。

それでも自然の美しさを感じるように、私の表現もそれに近い感覚で伝えられたら、
そんなふうに思ってるのです。

私のことを書いてくれた方の日記で凄く嬉しい文章がありました。

自然以外でこんなにも「美しい」という感覚を味わったのははじめてかも。

とても嬉しかった。

人生長く生きてこららた方の文だけに尚更のこと嬉しかった。



人形振りの世界

優しく美しき世界。

Copyright © 2008〜2010 Performer Parts. All Rights Reserved.
[PR]

by parts1969 | 2010-08-31 14:49 | ・日記 Diaries

<< 浅草タイムテーブル全日程(一般...    浅草全日程完成!! 最終日には... >>