ルーツ

エアロスミスさんから希望により、私の今に至るルーツをお書きします。
若き日はブレイクダンスでストリートしていました特にエレクトリックブギーが大好きでした。
スタイルは「村山たかし」さんに憧れてました。
※この方はとても偉大な方です、ネットにて検索してください。
30まではストリートダンサーとして活動をしていました。
ストリートダンスのジャンルは全てですね。
順調でした。
でも30才のとき、車に跳ねられました。
4ヶ月入院しリハビリ6ヶ月コース。
人生で一番辛い時期でした。
後遺症も残りました。右足の前十字や側側の靭帯がありません。
今も走ることも出来ませんし90度以上曲がりません。
踊ってても痛むのです。
左手にも体重を支えるぐらいの力は掛かけれないのです。
いやいや、困ったものですよ ホント。

どうしたもんかなって。

4年ぐらいでしょうか、人に踊りを見せるのやめました。
見せられたもんじゃないし。

でも少しづつ練習していました。
できる範囲のことを。

35才ぐらいでしょうか、
ポップといった踊りがあるのですが、このスタイルで体に負担をかけず、
なんとか見せられるぐらいまでになってね、
地元北千住にてダンスイベントを開始しました。
若いダンサーを見てるとね、やはり私も昔のようにダンスで人を魅了させたいって気持ちが強くなるのです。
今の自分には自信を持って披露できるものが無かったのですが、
また、ストリートに出てみようって。

ここからが復活への始まりかな。

ストリート再開してから、私の活動に参加するダンサーが増えてきました。
この参加してきた仲間が「TOKYO FIELD SIGN」なのです、
チームでの活動はとても刺激になりました。

この頃、私のストリートスタイルは Popping & Animation が軸でした。
でも体の制限もあり、自分を出し切れないのです、
3年ですか、試行錯誤しました。
そして少しづつ色んなことに気が付きました。
オーディエンスの反応見てるとね、それが一番の勉強になります。

私の辿りついた答えは 表現 でした。
自分の体の制限を補うのは 表現 なのだってね。

そこからは迷いも無く 表現 に徹しました。

ダンスの概念は少し抑えて、 腕の動き、ポーズ、美しさ、しなやかさ、
そして心の表現を。



さて、仮面。

これは人形振りに重要な部分ですね。

仮面をするきっかけが、私のチームのメンバーの Mr Fix さんの影響です。
ストリートで仮面してパフォーマンスする Fix さんを見て、これは面白なって感じました。
Mr Fix さんに 「私も仮面していいですか」 って聞き、OKを頂いてから白い仮面を購入。
仮面するとね、動きも人形、ロボットにしたほうが面白いですよね
スタイルもポッピンからパペットやロボットに移行するようになってきました。

ひたすら人形とロボットの稽古に励み、見てる人に「なんだコレ、すげぇー人形だよ」って言われるようになってきて
人形振りのベースは出来てました。

でも、これだけだと、ただの人形ショーなのです、
人形になるのが目的なら これで良いのでしょうけど。

ここから さきほどお話した 表現を取り入れた 芸に進化していくのです。

人形と表現、 この2つで構成されているのが、最近までの私のスタイルなのです。

そして、今回の三茶de大道芸で発表する

「西洋からくり人形」は 今までの集大成なわけです。
それと同時に、始まりなのです。

お気付きでしょうか、 ダンスが無いですよね、

人形と表現

この二つにダンスの要素がプラスされるのです。

ダンス

これが一番、私の中で重要なのです。

25年ストリートダンサーやっているのですからね。

「西洋からくり人形」の操り人形のパートで如何にダンスを上手に表現できるか、
この作品、そして今後のパフォーマンスに重要になってくるかを感じています。

今まで作り上げてきた私の人形の世界へ、
私のダンスの技を取り入れる段階に来たと思います。

とにかく稽古あるのみですね。

頑張ります。




体に制限があるなら表現で補えば良い。


思えば、あの事故で失うものが多かったけど。
それでも諦めず、踊り続けてきて、
失ったもの以上のものを与えられたと思っています。


諦めちゃだめ


そして続けること


これが大事かなって思います。



以上、 

エアロスミスさん 人形振り までのルーツでした。

自分のルーツを書くなると、どうしても体のことを書かなきゃいけないから
あまり書きたくなかったのです。

芸に足や手の後遺症なんて関係ないですもんね!

エアロスミスさんは私を応援してくれてる大事な方です。
なので、「人形振り」に至るまでを書かせていただきました。


これからも頑張ります!

応援宜しくお願いします。


Performer Parts.


Copyright © 2008〜2009 Performer Parts. All Rights Reserved.
[PR]

by parts1969 | 2009-10-22 14:29 | ・日記 Diaries

<< PARTS TV (パーツ テ...    仕上げはクラシックバレエから。 >>