今日はスタジオにて一人稽古。
「西洋からくり人形」の操り人形(マリオネット)のパートでね、ターンや不可解バランスするんだけど、
やっぱりバレエの動きを入れると面白いんだよね。
クラシックバレエの5つの足のポジションから基本的な動きを糸で操られているように動くわけだが、
これがまた雰囲気でるわけ。
機械人形・操り人形・自立人形の3パートがしっかり分かれて表現しやすくなったなー
もちろんStreet Dance の Stepも工夫しつつ取り入れてるしね。
ダンサーだから身体能力も作品内で披露したい。
人形という制限のある動きの中で、操り人形としてのダンス能力を最大限に発揮しつつ、
マリオネット感を出すことができたら「西洋からくり人形」の芸術面、技術面のクオリティーが高まると思う。
ラストは自立人形のパートにてアニメーションで全てを開放。
心の開放なのである。

西洋からくり人形、スタジオ一人稽古で良い作品だと改めて思った。
後は発表後のお客様の反応だね!
どう感じてくれるかな。

「西洋からくり人形」は今後も試行錯誤しながらもっと高めていこうと思う。


さて、
西洋からくり人形と同時にパントマイムのみで1つ作品を作り始めてます。
形になってきたらタイトルなど発表しますね♪


三茶、 もうすぐです。
みんな見に来てほしいなーっ


Copyright © 2008〜2009 Performer Parts. All Rights Reserved.
[PR]

by parts1969 | 2009-10-22 00:57 | ・日記 Diaries

<< 今の私のスタイルに至るまで    三茶de大道芸にむけて! >>