「人形振り」を本当に人形らしく見せるには、人形のいい仕草を真似るのではなくて、人形のまずいところを真似る。

歌舞伎、日舞、バレエ、の世界に人形振りは存在します。
私の場合は、STREET DANCE の人形振りと申しましょう。

さて、
これから皆様にお見せする作品は
「自由と自立を求め、創造主のもとを飛び立つ」
要するに「意思を持つ人形の話」です。
昔からあるテーマですが、私もスタンダートとして最初の作品にしようと思います。

「西洋からくり人形」
第一章/創造:機械人形:automata:オートマタ
第二章/非我:操り人形:marionette:マリオネット
第三章/覚醒:自立人形:animation pantomime:アニメーション パントマイム

明日から音探しです。
オルゴールは通常ストリート時として、この作品にはイメージにあった曲を納得いくまで探そうと思います。
オリジナルトラックもあるしね!

この3年間は人形表現を追及してきました。
その集大成を「西洋からくり人形」として発表いたします。

そして次は仮面を外し、新しい空間創作を開始します。
ダンス界でのお話ですが、私のスタイルは独特だと多々言われます。
今までオールジャンルやってきましたが、私のダンスの軸となってる動きがあります。
それは marking:マーキング といった動きです。
空間にマークし次の動きに展開する。
私の空間創作の柱となる重要な技です。
そもそもmarkingって言葉は、ずーっと昔から使用してました。
誰に教わったわけでもないのですが、勝手に自分でそう言ってました 笑
たぶん古くから踊ってらっしゃるダンサーさんは沢山オリジナルムーブありますよね!
先日、HORIEさんとお話しているときも、

「markingって良いね!そのまま追求、進化させていけば良いんじゃない!」

なるほどーって。
私はPOPやAnimationやmimeを教えるとき、必ずmarkingの重要性から説明するんだけど、
私自身、基礎のひとつ、私の踊りの軸、ぐらいしか思ってなかったんだよね。
私が独特と言われる理由も空間作りに一番重要なポイントも、marking にあるわけで、
もっと発展させてみても面白いかなって考えています。
これが複数のマーキングとなると、さらに空間が複雑化し広がっていくよね。
面白かも!
私のmarkingで構築されていく空間、みなさん楽しみにして欲しいな!
ここでもオリジナルトラックが活躍しそう!!


「人形振り」 「Marking」

この二つを極めていこう。

なんて思ってます♪

みなさんが楽しんでくれる作品、作りたいです!

もちろん アートにお洒落にねっ♪



Copyright © 2008〜2009 Performer Parts. All Rights Reserved.
[PR]

by parts1969 | 2009-10-20 01:29 | ・日記 Diaries

<< cinema classics...    三茶・厚木、大道芸フェスのお知... >>